不妊症・不育症(習慣性流産)      誠芳園の漢方の特長 ←クリック

不妊症、不育症(習慣性流産癖)、男性不妊、二人目不妊
などの原因や治療法、検査、漢方薬などについて述べます。

なぜ妊娠しないのでしょうか?
なぜ出産にまで至らないのでしょうか?


いろんな検査で原因が明らかにされても、
いろんな検査で異常はないと言われても、
妊娠しない人もたくさんいます。

  そのなかでひょっとしてと思って甲状腺の血液検査をしてみると
  原因が橋本病やバセドウ病だった、と言うこともありますので
  一度は甲状腺の血液検査をしてみても良いかと思います。
  甲状腺刺激ホルモン(TSH)は正常値であっても、
  妊娠前や妊娠初期は2.5以下にしておく方が良いのです。
  妊娠中期から後期はTSHは3.0以下が望ましいです。
  何故かというと胎児が甲状腺ホルモンを使うからなんです。

  また、TSHが高いとプロラクチンや黄体ホルモンに対しても
  良くない影響があるようなのです。


また、西洋医学的には原因がわからなくても
漢方の眼から見ると原因を推測できることもあるのです。
例えば静脈側の血流不足、体力低下、疲労、冷え、亜鉛不足など
西洋医学では軽視されていますが、重要ですね。

医学的には、ふつうに性生活が行われていて、
2(~3年)以上一度も妊娠しない場合を不妊症といいます。

このような場合を原発性不妊症といい、
一度の妊娠経験以降、
二年以上妊娠しない場合を続発性不妊症と分けています。
(続発性不妊症は俗に「二人目不妊症」とも言われます。)


不妊症、男性不妊の検査と治療
まずは基礎体温を計って、各種ホルモンや免疫学的検査をします。
内診をする、卵管が通っているか等の器質的検査もします。

現代では増加している男性不妊のチェックもします。
精子の数や運動率などがそれです。

男性不妊の漢方薬治療としては主に煎じ薬をおすすめしています。
私は男性不妊の漢方薬の効果判定は3ヶ月~6ヶ月としています。
(季節によって精子の数に多い少ないがあるので注意が必要)

ホルモン剤治療、排卵誘発剤など、
そして近年は人工授精などの手法も精巧になっています。

それでも妊娠しない、出産までにいたらない、
という方々がご相談にみえます。


漢方
漢方医学は、不妊症の漢方処方イコール婦人の処方というような、
部分だけを見る平面的なものではなく、部分を見ながら身体全体を、
しかも、その人の環境をも全部ひっくるめて みつめる、
という立体的なものなんです。

考えてみれば、あなたの卵巣や子宮は、
あなたと全くかけ離れて独立して生きているのでもなければ、
全くの別人格でもないのですから。

そして漢方薬治療法としては、
原発性不妊症も続発的不妊症(二人目不妊)も
不育症(習慣性流産)も治療目標は同じなのです。

西洋医学的な見方に慣れている人は「変な話だなぁ」と思うかもしれませんが。。。

漢方薬治療法
医薬品として認められている漢方薬もたくさんありますから
不妊症にも漢方はしばしば使われています。

そのほとんどは、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、温経湯、加味逍遥散などの婦人薬です。
これはこれで効果があれば良いのはもちろんです。

でも私は、不妊症の漢方治療に婦人科の漢方処方しか考えないということに対して、
少々 否 かなり、さみしい想いをするのです。

目的は 妊娠出産ですが、
目標は 身体のひずみを改善し、体内環境をよくすることです。

結局は、妊娠、出産しやすい母体づくりをすることが
出産への近道になります。

胃腸の弱い人は胃腸を丈夫にする。
やせた人はふくよかにし、太っている人は身をへらす。
下腹が硬い人は柔らかくする。
冷えている人はあたため、炎症のある人は炎症をとります。
鼠径部が突っ張って冷える人はそこを改善します。
陰気な人は陽気にする。でも陽気な人を陰気にはさせません(^▽^)

身体のひずみを改善し、体内環境を良くすれば卵巣や卵管、
ホルモンのひずみは改善し、子宮の環境は自然に整います。

子宮内膜がペチャンコ座布団であるよりは、
ふかふか座布団であるほうが受精卵は育ちますね。


あなたも自然の恵みの漢方薬で、
全身をオーバーホールしてみてはいかがでしょうか。

不妊の食事療法

食べ物が大切で、色の黒いもの、黒豆、黒ゴマ、ワカメ、ヒジキ、昆布が良く、
アクの強いホウレン草や牛房、ナスビなどはひかえるように。と言われます。
甘いもの、身体を冷やすもの、果物もいけませんね。
やはり日本にいるのですから、昔ながらの日本食が良く、
(すこし手間をかけて)素材の味を楽しむことが大切でしょう。

最近は、不妊症や不育症そして男性不妊のすべての人に、
栄養食品の併用をおすすめしています。
セレン・亜鉛・銅などのミネラルや葉酸・ビタミン12などを含みます。
これは1ヶ月分14,500円です。

体外受精をしても着床しにくい場合は
受精卵を戻す3日前から上記の錠剤をドリンクに替え、
心音が確認できるまでの30日間を、一日一本飲むようにおすすめしています。
しかし、ドリンク一本は千円しますのでコストが3万円になります。

不妊の漢方薬
やはり漢方処方も多彩です。
桂枝加竜骨牡蠣湯
帰脾湯
柴胡桂枝乾姜湯
半夏瀉心湯
四君子湯
六君子湯
小建中湯
真武湯
十全大補湯
当帰四逆加呉茱萸生姜湯
当帰芍薬散
桂枝茯苓丸
折衝飲
大柴胡湯
小柴胡湯などなど、
(私はここに、五淋散、芎帰調血飲第一加減や、通導散を
加えても良いかと思います。)

そして妊娠がわかった時点で 芎帰膠艾湯または当帰散に変えます。
私はさらに、産後は芎帰調血飲第一加減 と付け加えたいと思います。


詳しくはお問合せフォームからご質問下さい。


このページのトップへ

Copyright (C) 2004 Seihouen All Rights Reserved.